オーストラリアン・シェパード

オーストラリアン・シェパードは、ピレネー山脈(フランスとスペインの国境付近)のバスク地方の牧羊犬だという説が一般的。19世紀後半、当事の現地人がアメリカやオーストラリアへと移住した時に、一緒に牧洋犬を連れて行った。バスク地方で品種改良され、オーストラリアン・シェパードとなったと言われている。現在では、アメリカでも人気が急騰しており、ブリーダーの中では、オーストラリアン・シェパードを愛してやまない。

■カテゴリー

ア行の犬種
カ行の犬種
サ行の犬種
タ行の犬種
ナ行の犬種
ハ行の犬種
マ行の犬種
ヤ行の犬種
ラ行の犬種
ワ行の犬種
犬の服トップへ戻る