ドーベルマン

ドーベルマンの歴史は、19世紀末頃、ドイツのチューリンゲン州に住んでいたルイス・ドーベルマン氏が警備犬としてジャーマン・シェパードとジャーマン・ピンシェルとの交配により生み出された。 ドーベルマン・ピンシャーまたは、ドーベルマン・ピンシェルとも呼ばれている。ドーベルマン・ピンシャーは感覚が鋭く、従順かつ大胆、嗅覚に優れているので番犬や伴侶犬としても活躍致しました。1910年には警察犬としてドイツの中心部に配属され、第一次大戦中は、軍用犬として活躍。1930年には日本でも軍用犬としても活躍している。

■カテゴリー

ア行の犬種
カ行の犬種
サ行の犬種
タ行の犬種
ナ行の犬種
ハ行の犬種
マ行の犬種
ヤ行の犬種
ラ行の犬種
ワ行の犬種
犬の服トップへ戻る