ビーグル

ビーグルの歴史は、古代ギリシャで飼われていたハウンドの子孫という説が一般的。ビーグルとはフランス語で「小さい」の意味。セントハウンドの中では最も小型です。集団で野うさぎ猟の臭跡追いに使われる猟犬で、集団性に富み、鋭い嗅覚と「森の音楽家」と呼ばれる独特の鳴き声を持ちます。最近では優れた嗅覚を活かし、オーストラリアや日本の成田空港などで「検疫探知犬」として、持ち込み禁止の食品や物品を嗅ぎ分ける「ワーキングドッグ」としても活躍している。 有名なキャラクター【スヌーピー】のモデルでもある。

■カテゴリー

ア行の犬種
カ行の犬種
サ行の犬種
タ行の犬種
ナ行の犬種
ハ行の犬種
マ行の犬種
ヤ行の犬種
ラ行の犬種
ワ行の犬種
犬の服トップへ戻る